閉じる
閉じる
閉じる
  1. 平屋建てプラン作成のポイント
  2. 平屋建てのメリット・デメリット
  3. 平屋建て住宅の住みごごち
  4. 平屋建ての間取りの人気と魅力
  5. ホームインスペクション
  6. 住宅ローン減税
  7. 失敗しないリフォームの基礎知識
  8. 悪徳リフォームについて
  9. 二世帯住宅のトラブル
  10. リフォーム業者の選び方
閉じる

ハウスメーカー比較まるわかり講座‎

住む人に優しい住宅 二世帯住宅

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
住む人に優しい住宅 二世帯住宅

当サイト訪問者の5人に1人は利用している人気サービス!
注文住宅の間取り作成と資金計画を無料作成サービスはこちら。

◎バリアフリーは各世代のため
バリアフリーという言葉の意味を「段差なし」と解している人が多いようです。
バリアは「障壁」、フリーは「自由な、解放された」という意味で、バリアフリーは双方を合わせた造語で、もともとは建築用語です。
住まいの中でのバリアは、つまずく恐れのある段差以外にもいろいろとあります。
それらは、次のような工夫をすることで除去できます。
・玄関先アプローチに、階段ではなくスロープを選ぶ。
・たたきの脇に、靴を着脱するときにつかまる手すりをつける。または、座って靴の着脱ができるようにベンチを設置する。
・廊下や階段に手すりをつける。
・トイレのドアは外開きか引き戸にする。
・浴室にすべり止めや手すりを設置する。
・各部屋の電灯のスイッチは大きくわかりやすいものにする。
・ドアのノブは手首を回さなくてもすむハンドル式にする。
・廊下は車椅子でも通行できる程度の広さにする。
バリアフリーは、身体の弱い人や怪我をしている人、妊婦、障害を持った人、子ども、高齢者などの立場になって考えることが必要です。
バリアフリーは高齢者だけのものではなく、各世代の誰もがいつかは必要になるということを念頭に入れておきたいものです。
また、住まいの仕様のバリアフリーだけでなく、床の上に本・雑誌や荷物を積んだりしないように、日々の暮らしの中でもバリアフリーの考え方を忘れないことが大切です。

◎介護を視野に入れて
元気なときと、風邪などで高熱があったり怪我をしているときとでは、家の中の同じ距離や階段・段差に対する感じ方が全く異なります。
普段はなかなか意識できない住まいの中の不安個所が、病気や怪我のときに気がついたりするものです。
高齢になり、介護が必要になったときには、廊下の距離の数メートル、ドアが外開きか内開きか、あるいは引き戸なのか、段差があるかないかなど、些細な住まいの問題が動くことをおっくにさせてしまうのです。
介護を要さなくてはならなくなったとき、介護をする人が一緒に入れるくらいの大きなトイレや洗面所はたいへん便利なものです。
このように、二世帯住宅という長い年月で考える必要のある住まいの場合は、将来の車椅子の利用なども考えに加え、手すりの高さや太さ、位置や数、照明の位置や角度、またスイッチのひとつに至るまで、建築時の検討要素に加える必要があるのです。

◎建材の研究
昔は自宅を新築すると、装飾部分のこだわりなどが我が家の自慢になりましたが、現在は、住み手の健康にかかわる部分に視点が向けられるようになりました。
その背景には、シックハウス症候群の台頭があります。
戦後の高度成長期以降、住まい作りに使われる建材はどんどん新しいものに変わってきましたが、その新建材に含まれる接着剤や溶剤の成分が身体に悪影響を及ぼすことが最近になって明らかになってきたからです。
平成15年7月施行の改正建築基準法により、現在ではホルムアルデヒドなどのシックハウス症候群の原因となる成分が含まれていない接着剤や溶剤、壁紙、合板が使われるようになっています。
シックハウス症候群を最も発症しやすいのは家にいる時間が長い人や、身体の弱いお年寄りや赤ちゃん、子どもなどです。
しかし、増改築でも新築でも、建築コストの軽減のために多少心配でも手に入れやすい材料などに偏ってしまいがちです。
そこで、安全な建材についての情報収集することも大切です。
一般的に安全な建材とは、無垢の木材床や藁床の畳などの昔ながらの建材です。
また、化学物質過敏症対策を講じた建材開発による新建材などもあります。

◎公庫の割増増資とバリアフリー住宅工事
住宅金融支援機構の融資には、まず、基本融資があり、融資額は、マイホーム新築融資、マンション購入融資、建売住宅購入融資などの融資の種類と、床面積、敷地面積、所在地などによって異なります。
金利も、住宅の仕様によって異なり、耐久性タイプやバリアフリータイプ、省エネルギータイプの住宅は、基準金利適用住宅として低い金利で融資を受けることができます。
基本融資だけでは足りない場合は、基本融資額に加えて割増融資を受けることもできます。
しかし、割増融資を受けるためには、住宅金融支援機構が定める一定の基準を満たす住宅であることが必要で、行う工事の種類によっても融資額が変わってきます。
二世帯住宅は一般の住宅よりも大きくなりがちで、施工費用もかさみます。
しかし、高齢者になりつつある親世代の日常生活を快適に保つことのできる設備・仕様の導入は積極的に検討したいものです。
住宅金融支援機構で定義されているバリアフリー住宅工事は、一戸あたり150万円の割増融資が受けられます。
これは、基準金利適用住宅(バリアフリータイプ)の基準と同様で、次に挙げる計画を施す必要があります。
・段差の解消/部屋の配置 高齢者等の寝室のある階に、トイレを配置し、その階の全居室、トイレ、洗面所、脱衣室、廊下等の段差を解消する。
・廊下/出入口 歩行補助具および介助式車いすを使用できる幅を確保する。出入口の幅は75cm以上とする。廊下の幅は78cm以上とする。
・浴室 介助しやすいよう、出入口の幅は60cm以上とし、手すりを設置する。内部の広さは、戸建住宅…短辺1.3m以上・面積2.0?以上、戸建住宅以外…短辺1.2m以上・面積1.8?以上。
・階段 手すりを設置し、ゆるやかな勾配で適切な寸法とする。
また、バリアフリー住宅工事に併設する高齢者等対応設備として、次に挙げるうちいずれかの工事を行うことでバリアフリー住宅工事と合わせて、一戸あたり250万円の割増融資を受けることが可能です。
これは、高齢者などの住宅内の移動や日常生活を支援するものです。
・ホームエレベーター
・階段昇降機
・移動用リフト
・高齢者等用浴室
・高齢者等配慮型キッチン、洗面所、トイレ ・スプリンクラー設備等

関連記事

  1. 二世帯住宅へのリフォーム費用とは

    二世帯住宅へのリフォーム費用とは

  2. どこに住む?二世帯住宅

    どこに住む?二世帯住宅

  3. 20坪で二世帯住宅は可能か?

    20坪で二世帯住宅は可能か?

  4. 誰と住む?二世帯住宅

    誰と住む?二世帯住宅

  5. 二世帯住宅における税金対策について

    二世帯住宅における税金対策について

  6. 二世帯住宅の見積もりについて

    二世帯住宅の見積もりについて

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ピックアップ記事

  1. 平屋建てプラン作成のポイント
    インターネット上には多くの住宅のプランが紹介されています。平屋建てのプランも多くあります。プ…
  2. 平屋建てのメリット・デメリット
    平屋建ての最大のメリットといえば、建物内での事故が少ないことでしょう。住宅での事故や怪我のうち、…
  3. 平屋建て住宅の住みごごち
    2階建ての建物は、子供たちが巣立ちして2人暮らしになると、2階部分をほとんど使わなくなる傾向がありま…
  4. 平屋建ての間取りの人気と魅力
    ◎平屋建ての魅力中高年層に好まれる傾向の平屋建ての住宅ですが、最近若い世代にも平屋建てを建築…
  5. ホームインスペクション
    「ホームインスペクション」という言葉を聞いたことがあるでしょうか?「インスペクション」という言葉…
ページ上部へ戻る