閉じる
  1. 高齢化に伴うヒートショック!急激な温度変化を防ぐ方法は?
  2. 2階建てと平屋で違うの?防犯を考えた平屋の間取りとは?
  3. 鬼門んてよく聞くけど何が悪いの?家相の必要性について。
  4. 老後のライフスタイルにおすすめ!平屋間取りへのリフォーム!
  5. 夫婦だからこそプライベート空間!平屋の間取りの考え方とは?
  6. 磯○家を参考に!?2世帯住宅のメリット・デメリット!
  7. こんなに違うの!?介護を考えたトイレの作り方!
  8. オール電化をお考えなら断然 電気温水器よりエコキュートがお得!
  9. 他人事ではない体の不調。様々な症状を引き起こすシックハウス症候群。
  10. 知らないと怖い住宅被害。必ず家づくりに取り入れたいものとは?
閉じる

家づくり達人講座‎

こんなに違うの!?介護を考えたトイレの作り方!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
こんなに違うの!?介護を考えたトイレの作り方!
 

◎トイレ周りの介護

住宅の中でトイレはもっとも重要な場所と考えられます。朝、昼、晩問わず使用され、もっとも使う頻度の高い場所です。
高齢者の方にとって自立して安全にそして使いやすく使用できるようにしなければなりません。

・トイレづくりのポイント

①腰掛式便器であること

立ち座りに負担がなく座る姿勢にも無理がありません。

②ウオシュレット

おしり洗浄機能、暖房便座は衛生面や冷え対策などの面から見ても必要です。
また、楽な姿勢で操作できるリモコン付きのもので視力低下や夜間の使用を考え操作ボタンが大きいものを選びます。

③体感保持

便器に長い間座り続けることが疲れの原因になる場合があります。
背もたれやアームレスト手すりなど身体を支える機能が必要です。

④掃除のしやすさ

高齢化とともにトイレの使用頻度が多くなります。
床から独立した壁掛け形式の便器であればトイレの床などのそうじも楽にすることができます。

⑤引き込み戸

トイレ等の出入り口には引込み戸にするのが望ましいです。

ドアのとってを握った身体をほとんど移動させることなくドアの開閉が可能になります。

1、ドアの開閉時の身体移動が外開きドアと比較して少なくなります。

2、ドアの前出が少ないため、狭い廊下でも通路幅を確保することができる。

・トイレ扉三枚連動引き戸

三枚の扉がスムーズに連動し、全開すると間口も広く取れ、車椅子での出入りも楽になります。
反対側の扉も開くので便器まわりなどのそうじも楽におこなえます。

・トイレ引込み戸

引き戸の操作性、安全性とドアの省スペースの両方の長所を併せ持った扉です。

関連記事

  1. 狭い土地でも建てることができるの?狭小地の二世帯住宅。

    狭い土地でも建てることができるの?狭小地の二世帯住宅。

  2. あなたの家族はどのタイプ?何処で二世帯を考える?

    あなたの家族はどのタイプ?何処で二世帯を考える?

  3. 見逃しがちな建築中の盲点。二世帯住宅だと更に!

    見逃しがちな建築中の盲点。二世帯住宅だと更に!

  4. あんなに仲が良かったのに。二世帯住宅の土地と相続の問題。

    あんなに仲が良かったのに。二世帯住宅の土地と相続の問題。

  5. 別棟タイプの二世帯住宅のメリット・デメリット!

    別棟タイプの二世帯住宅のメリット・デメリット!

  6. 言った、言わない口約束。打ち合わせに必須のアイテムとは?

    言った、言わない口約束。打ち合わせに必須のアイテムとは?

ピックアップ記事

  1. 高齢化に伴うヒートショック!急激な温度変化を防ぐ方法は?
    平屋間取 ヒートショック平屋の間取住宅で、エコや環境問題、安全性を取り入れたものが人気のようです…
  2. 2階建てと平屋で違うの?防犯を考えた平屋の間取りとは?
    平屋 間取の床下収納平屋の間取プランで収納スペースを確保する方法として挙げられるもので、床下収納…
  3. 鬼門んてよく聞くけど何が悪いの?家相の必要性について。
    家相について平屋の間取プランの購入を考えている方の中でも、家相を取り入れようと思っている方は多い…
  4. 老後のライフスタイルにおすすめ!平屋間取りへのリフォーム!
    平屋 間取にリフォーム今住んでいる住宅を、平屋の間取にリフォームする方も増えてきています。…
  5. 夫婦だからこそプライベート空間!平屋の間取りの考え方とは?
    平屋間取 夫婦のライフスタイル平屋の間取住宅を建てようと考えている際、子供が独立し、夫婦二人の生…
ページ上部へ戻る