閉じる
閉じる
閉じる
  1. 他人事ではない体の不調。様々な症状を引き起こすシックハウス症候群。
  2. 知らないと怖い住宅被害。必ず家づくりに取り入れたいものとは?
  3. これを押さえておかないと後々困る。家事や育児が時短になる導線とは?
  4. 地震対策は足元から!気になる地盤調査の費用とは?
  5. いくらまで借りれるの?住宅ローンと初めの諸費用!?
  6. みんな知りたい住宅の価格。いったいどうやって決まるの?
  7. どの家が最強!?最初に悩む住宅の基礎と建物工法の種類。
  8. 今どきの健康住宅の考え方。お子さんやお年寄りが安心できる家とは?
  9. 意外と知らない!?基本的な住宅購入までの流れ。
  10. こんなものにも種類がある!?外壁や屋根の種類と特徴とは?
閉じる

家づくり達人講座‎

何を重視するかで変わる!賢いリフォーム業者の選び方。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
何を重視するかで変わる!賢いリフォーム業者の選び方。
 

良いリフォーム業者は、リフォームする人の求める条件によって変わってきます。
求める条件とは「安さ」や「サービスの良さ」「工事中の配慮」など。
自分にはどんなリフォーム業者があっているのか、考えてみましょう。

 

◎業者選びのポイント

業者選びのポイントは自分がどんな特徴の業者を求めているかによります。
「値段重視か、サービス重視か、デザイン重視か」自分が何を重視するのかまず考えましょう。
次に「親切な対応をしてくれるか、わかりやすく説明してくれるか、意見を取り入れながら話を進めてくれるか」といった点です。
話がスムーズにできそうな業者を選ぶことが大切です。
そして、その業者が信頼できるかどうかをチェックするために、
「建設業の許認可の有無、各種保険の加入の有無、リフォーム後の保障制度の有無」を確認しておきましょう。

 

◎リフォーム業者の特徴を知ろう

次にリフォーム業者の種類と特徴を知っておきましょう。

・地元の工務店

地元の工務店は増改築を得意として、気軽に何でも頼みやすい傾向があります。
また費用が比較的安いのも工務店の特徴です。

・大手リフォーム会社

大手リフォーム会社は比較的割高になりますが、サービスが充実しているため、安心してお願いできるという利点があります。

・設計事務所・デザイン事務所

自分のこだわりのデザインを重視することができます。
会社との相性は非常に大切です。

 

◎実績を確認

どんな種類の業者がいいのか大体絞れてきたら、次はリフォーム会社の実績を見てみましょう。
実績はできれば10年以上のリフォーム経験がある会社を選び、今までリフォームした写真などをみます。
特に地元の工務店では、得意分野があると思いますので、自分の要望と一致しているか見ておきましょう。

 

◎人柄をチェック

会社の雰囲気や人柄、担当者のスキルなどの確認も大切です。
「こちらの疑問に対してしっかりと答えてくれるかどうか、親身になって話してくれるかどうか」は今後のリフォームに大きく関わってくるのでしっかり確認しましょう。

◎最後に見積もりを比べる

上記のチェックを行なって絞れてきたら、最後は候補となる業者から見積もりを取って比較しましょう。
できれば、比較するのに3社ぐらいあればいいと思います。
見積もりを取ることで、会社の違いを客観的に見ることができますので、お勧めします。

関連記事

  1. ここは押さえておきたい!リフォームで失敗しない為には。

    ここは押さえておきたい!リフォームで失敗しない為には。

  2. 先に知っておきたかった!賢いリフォーム費用のコストダウン。

    先に知っておきたかった!賢いリフォーム費用のコストダウン。

  3. ちょっと待ってください!悪徳リフォームにしてしまう、あなたの行動。

    ちょっと待ってください!悪徳リフォームにしてしまう、あなたの行動…

  4. リフォームの目的は大きく分けて2つ!あなたのリフォームは?

    リフォームの目的は大きく分けて2つ!あなたのリフォームは?

  5. 言った、言わない口約束。打ち合わせに必須のアイテムとは?

    言った、言わない口約束。打ち合わせに必須のアイテムとは?

  6. リフォームの見積もりって難解!?○○一式って何?

    リフォームの見積もりって難解!?○○一式って何?

ピックアップ記事

  1. 他人事ではない体の不調。様々な症状を引き起こすシックハウス症候群
     ◎シックハウスとは近年被害が増加傾向にある、化学物質過敏症・アレルギー・アトピーなど様々な体の…
  2. 知らないと怖い住宅被害。必ず家づくりに取り入れたいものとは?
     ◎耐震住宅耐震とは耐震とは建物そのものの地震の揺れに対しての耐久性です。 そのほか、免…
  3. これを押さえておかないと後々困る。家事や育児が時短になる導線とは?
    ◎家事の導線家事の導線から内装を考える家事導線というのは、家事する場合の利便性を考えるこ…
  4. 地震対策は足元から!気になる地盤調査の費用とは?
    ◎土地の購入土地の購入のポイント個人で購入個人で購入するにはかなり専門的な知識を必要とす…
  5. いくらまで借りれるの?住宅ローンと初めの諸費用!?
    ◎住宅ローンの借入金額ポイント総借入金額 年収の4倍以下まで頭金  物件…
ページ上部へ戻る