閉じる
閉じる
閉じる
  1. 平屋建てプラン作成のポイント
  2. 平屋建てのメリット・デメリット
  3. 平屋建て住宅の住みごごち
  4. 平屋建ての間取りの人気と魅力
  5. ホームインスペクション
  6. 住宅ローン減税
  7. 失敗しないリフォームの基礎知識
  8. 悪徳リフォームについて
  9. 二世帯住宅のトラブル
  10. リフォーム業者の選び方
閉じる

ハウスメーカー比較まるわかり講座‎

二世帯住宅建築にかかる金額

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
二世帯住宅建築にかかる金額

当サイト訪問者の5人に1人は利用している人気サービス!
注文住宅の間取り作成と資金計画を無料作成サービスはこちら。

二世帯住宅を建てるにあたって気になるのはその金額でしょう。
いくらでも資金があるということであれば自由に建てることもできるでしょうけれど、なかなかそんな人はいないでしょうから、
予算と相談しながらどんな住宅にするか、どんな間取りにするのかを決めていかなければいけません。
二世帯住宅と一口で言ってもいくつかのタイプがあります。そしてそのタイプごとのメリット・デメリットが存在し、建てるために必要な金額も変化します。
まず同居タイプの二世帯住宅の場合。
これは特に住宅の内部を分けたり、設備を複数設置するようなことはない、要は普通に一つ屋根の下で暮らすという住宅です。
普通の住宅に親の世帯と子の世帯が暮らすということになりますから、金額的には最も安くなります。
そして共用タイプの二世帯住宅の場合。
これは寝室など普段の生活スペースについては世帯ごとに分離しますが、キッチンや玄関、風呂といった部分については両世帯で共用します。
どの程度まで共用するかというのは話し合うなどして決めることとなり、共用するスペースを多くするほど金額は安くなります。
そして完全に分離したタイプの二世帯住宅。
これは建物は一つですが、玄関や水回りなどを完全に分離し、行き来するドアには鍵をつけたり、あるいは行き来する部分もないような住宅です。
このタイプだとプライバシーを守りやすくなりますが、その分建築にかかる金額は高くなりますね。

関連記事

  1. 生活の違いを知る 二世帯住宅

    生活の違いを知る 二世帯住宅

  2. 二世帯住宅の三つのパターン

    二世帯住宅の三つのパターン

  3. 中庭のある二世帯住宅

    中庭のある二世帯住宅

  4. 別棟タイプの二世帯住宅について

    別棟タイプの二世帯住宅について

  5. 二世帯住宅での電話回線について

    二世帯住宅での電話回線について

  6. 誰と住む?二世帯住宅

    誰と住む?二世帯住宅

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ピックアップ記事

  1. 平屋建てプラン作成のポイント
    インターネット上には多くの住宅のプランが紹介されています。平屋建てのプランも多くあります。プ…
  2. 平屋建てのメリット・デメリット
    平屋建ての最大のメリットといえば、建物内での事故が少ないことでしょう。住宅での事故や怪我のうち、…
  3. 平屋建て住宅の住みごごち
    2階建ての建物は、子供たちが巣立ちして2人暮らしになると、2階部分をほとんど使わなくなる傾向がありま…
  4. 平屋建ての間取りの人気と魅力
    ◎平屋建ての魅力中高年層に好まれる傾向の平屋建ての住宅ですが、最近若い世代にも平屋建てを建築…
  5. ホームインスペクション
    「ホームインスペクション」という言葉を聞いたことがあるでしょうか?「インスペクション」という言葉…
ページ上部へ戻る