閉じる
閉じる
閉じる
  1. 平屋建てプラン作成のポイント
  2. 平屋建てのメリット・デメリット
  3. 平屋建て住宅の住みごごち
  4. 平屋建ての間取りの人気と魅力
  5. ホームインスペクション
  6. 住宅ローン減税
  7. 失敗しないリフォームの基礎知識
  8. 悪徳リフォームについて
  9. 二世帯住宅のトラブル
  10. リフォーム業者の選び方
閉じる

ハウスメーカー比較まるわかり講座‎

リフォームにかかる費用

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
リフォームにかかる費用

当サイト訪問者の5人に1人は利用している人気サービス!
注文住宅の間取り作成と資金計画を無料作成サービスはこちら。

リフォームを計画するのは楽しいですが、「いったいいくらかかるのかな?」という費用も気になると思います。
リフォームにはどのくらい費用がかかるのか、あらかじめ把握しておきましょう。

◎リフォームの費用の内訳
まずリフォームの際、何にお金がかかるのか知っておきましょう。
費用は主に工事費と材料費から成りますが、その他にも諸経費、追加工事費なども発生します。
追加工事費用は契約時の見積もりに入っていないものをいいます。
リフォーム途中で設計を変更したり、老朽化が進んで耐震性の補強工事が必要になった時に追加工事費が発生します。

◎追加費用を抑えるために
見積もり金額以上に、想定外の追加費用がかさんでは不安になってしまいます。
そんなことにならないためにも、追加費用を発生させないようにすることが大切です。
・追加の工事費用がかさまないようにするには?
事前説明でしっかりと話し合っておくことが大切です。
意外にも聞き逃しが原因で…ということがありますので注意してください。
・老朽化による補強工事に関しては?
事前にはわからないため、特に水回りのリフォームは補強工事費が発生するかもしれないことを考えておく必要があります。

◎諸経費の内容
諸経費も結構バカになりません。
あらかじめどの様な諸経費がかかるのか把握しておきましょう。
・仮住まいや引っ越し費用
全面リフォームを行なう場合は、引っ越しが必要になることがあります。
この場合仮住まいへの引っ越し費用+リフォーム後の家への引っ越し費用の2つが必要になりますので注意してください。
・リフォーム後の家具など
リフォーム後の部屋と今までの家具が合わないかもしれません。
家具の購入もあらかじめ想定しておきましょう。
・ローンしたときの諸経費
リフォームのために融資を受けた場合は、印紙税・融資手数料・火災保険料・登記費用・保障料などがかかります。
・増築したときの諸経費
増築分の床面積が10?を超えると、建築確認申請がかかります。
それに加えて契約の印紙税・登記費用・固定資産税・不動産取得税がかかります。

関連記事

  1. リフォーム業者の選び方

    リフォーム業者の選び方

  2. リフォームか新築に迷ったら

    リフォームか新築に迷ったら

  3. リフォームをコストダウンしたい

    リフォームをコストダウンしたい

  4. 悪徳リフォームについて

    悪徳リフォームについて

  5. リフォームの心構え

    リフォームの心構え

  6. リフォームの見積もり・契約

    リフォームの見積もり・契約

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ピックアップ記事

  1. 平屋建てプラン作成のポイント
    インターネット上には多くの住宅のプランが紹介されています。平屋建てのプランも多くあります。プ…
  2. 平屋建てのメリット・デメリット
    平屋建ての最大のメリットといえば、建物内での事故が少ないことでしょう。住宅での事故や怪我のうち、…
  3. 平屋建て住宅の住みごごち
    2階建ての建物は、子供たちが巣立ちして2人暮らしになると、2階部分をほとんど使わなくなる傾向がありま…
  4. 平屋建ての間取りの人気と魅力
    ◎平屋建ての魅力中高年層に好まれる傾向の平屋建ての住宅ですが、最近若い世代にも平屋建てを建築…
  5. ホームインスペクション
    「ホームインスペクション」という言葉を聞いたことがあるでしょうか?「インスペクション」という言葉…
ページ上部へ戻る