閉じる
閉じる
閉じる
  1. 平屋建てプラン作成のポイント
  2. 平屋建てのメリット・デメリット
  3. 平屋建て住宅の住みごごち
  4. 平屋建ての間取りの人気と魅力
  5. ホームインスペクション
  6. 住宅ローン減税
  7. 失敗しないリフォームの基礎知識
  8. 悪徳リフォームについて
  9. 二世帯住宅のトラブル
  10. リフォーム業者の選び方
閉じる

ハウスメーカー比較まるわかり講座‎

リフォームローンについて

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
リフォームローンについて

当サイト訪問者の5人に1人は利用している人気サービス!
注文住宅の間取り作成と資金計画を無料作成サービスはこちら。

リフォームローンは公庫、銀行、ローン会社で取り扱われています。
ここではそれぞれのリフォームローンの特徴やリフォームローンに関する基礎知識を学んでみましょう。

◎公庫系リフォームローンの特徴
公庫系は各自治体や住宅金融公庫などで借りられる公的融資です。
公庫系のリフォームローンには「一般リフォーム融資」と、「リ・ユース住宅購入・リフォーム融資(同時申込型)」があります。
今の家をリフォームする場合は「リフォーム融資」を利用し、中古住宅を購入する場合は「リ・ユース住宅購入・リフォーム融資(同時申込型)」を利用します。
そのほかにも財形貯蓄をしている人が対象の「財形住宅融資」や、自治体に居住または勤務している人が対象の「自治体のリフォーム助成・融資施策」などがあります。

◎銀行系リフォームローン
銀行系のリフォームローンの特徴には無担保型と有担保型があり、公的融資より融資額が大きい傾向にあります。
無担保型のリフォームローンは金利が高めですが、担保がないため審査が早いです。
一方、有担保型は審査が厳しいですが、金利は低めになっています。

◎ローン系リフォームローン
ローン系リフォームローンは金利が高めですが、無担保で審査もスピーディです。

◎自己資金はどのくらい用意しておく?
リフォームは多額の費用がかかることもありますが、
貯金を全て使うことは、怪我など何かあったときに対処できないので危険です。
一般的にローンを利用するときは、総額の2割以上の現金を用意しておくといいと言われています。
現金が多ければ多いほど利息負担が小さくなるので、頭金は多いほうが有利です。

関連記事

  1. リフォームのトラブル

    リフォームのトラブル

  2. リフォームの心構え

    リフォームの心構え

  3. リフォームか新築に迷ったら

    リフォームか新築に迷ったら

  4. リフォーム業者の選び方

    リフォーム業者の選び方

  5. 失敗しないリフォームの基礎知識

    失敗しないリフォームの基礎知識

  6. リフォームをコストダウンしたい

    リフォームをコストダウンしたい

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ピックアップ記事

  1. 平屋建てプラン作成のポイント
    インターネット上には多くの住宅のプランが紹介されています。平屋建てのプランも多くあります。プ…
  2. 平屋建てのメリット・デメリット
    平屋建ての最大のメリットといえば、建物内での事故が少ないことでしょう。住宅での事故や怪我のうち、…
  3. 平屋建て住宅の住みごごち
    2階建ての建物は、子供たちが巣立ちして2人暮らしになると、2階部分をほとんど使わなくなる傾向がありま…
  4. 平屋建ての間取りの人気と魅力
    ◎平屋建ての魅力中高年層に好まれる傾向の平屋建ての住宅ですが、最近若い世代にも平屋建てを建築…
  5. ホームインスペクション
    「ホームインスペクション」という言葉を聞いたことがあるでしょうか?「インスペクション」という言葉…
ページ上部へ戻る