閉じる
閉じる
閉じる
  1. 平屋建てプラン作成のポイント
  2. 平屋建てのメリット・デメリット
  3. 平屋建て住宅の住みごごち
  4. 平屋建ての間取りの人気と魅力
  5. ホームインスペクション
  6. 住宅ローン減税
  7. 失敗しないリフォームの基礎知識
  8. 悪徳リフォームについて
  9. 二世帯住宅のトラブル
  10. リフォーム業者の選び方
閉じる

ハウスメーカー比較まるわかり講座‎

悪徳リフォームについて

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
悪徳リフォームについて

当サイト訪問者の5人に1人は利用している人気サービス!
注文住宅の間取り作成と資金計画を無料作成サービスはこちら。

リフォーム業者を選ぶ際に、悪徳リフォーム業者には引っかからないようにしないと泣きをみます。
悪徳リフォーム業者とはどのような業者なのでしょうか?
ここでは悪徳リフォーム業者の手口や実態などを紹介します。

◎悪徳業者の手口
悪徳業者は言葉が巧みです。
最初は「無料点検」(点検商法)や「挨拶回りしています」(挨拶商法)といった形で訪問してきます。
気軽で心理的障壁の低いことを言ってくるので、こちらもついつい了解してしまうと、
「このままだと危険ですよ」(不安商法)といった不安をあおるトークをします。
そしてたたみ掛けるように「今なら半額で工事できます」といった値引きをしてきます。
非常に悪質な場合は長時間居座ることもありますので、本当に注意してください。

◎悪質業者がすすめてくるリフォームとは?
悪質業者は素人が判断しにくいところを、リフォームさせようとします。
例えば、外壁、屋根、床下、耐震などのリフォームに多くみられます。

◎悪質リフォーム業者に引っかからないために
悪質業者から身を守るために注意するポイントを紹介します。
・その場で工事の契約はしない。
・不安をあおる業者は注意する。
・勝手に問題点を指摘してくる業者の話に乗らない。
・説明がわかりづらく、親身に聞いてくれない業者は避ける。
・契約するときは必ず自分でリフォームのことを良く調べてからにする。
いずれにせよ、しっかりと見極めて、ちょっとでもおかしいなと感じたらすぐに止めることが大切です。

◎訪問販売で契約してしまったら
万が一悪質な業者に引っかかって契約してしまっても、契約から8日以内であれば、クーリング・オフで解約することができます。
但しクーリング・オフする時点ですでに工事が着手されていると、ややこしくなるので注意が必要です。
詳しくは「財団法人住宅リフォーム・紛争処理支援センター」や「全国消費生活センター」で相談してください。

関連記事

  1. リフォーム業者の選び方

    リフォーム業者の選び方

  2. リフォームにかかる費用

    リフォームにかかる費用

  3. リフォームのトラブル

    リフォームのトラブル

  4. リフォームの心構え

    リフォームの心構え

  5. リフォームの見積もり・契約

    リフォームの見積もり・契約

  6. リフォームをコストダウンしたい

    リフォームをコストダウンしたい

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ピックアップ記事

  1. 平屋建てプラン作成のポイント
    インターネット上には多くの住宅のプランが紹介されています。平屋建てのプランも多くあります。プ…
  2. 平屋建てのメリット・デメリット
    平屋建ての最大のメリットといえば、建物内での事故が少ないことでしょう。住宅での事故や怪我のうち、…
  3. 平屋建て住宅の住みごごち
    2階建ての建物は、子供たちが巣立ちして2人暮らしになると、2階部分をほとんど使わなくなる傾向がありま…
  4. 平屋建ての間取りの人気と魅力
    ◎平屋建ての魅力中高年層に好まれる傾向の平屋建ての住宅ですが、最近若い世代にも平屋建てを建築…
  5. ホームインスペクション
    「ホームインスペクション」という言葉を聞いたことがあるでしょうか?「インスペクション」という言葉…
ページ上部へ戻る