閉じる
閉じる
閉じる
  1. 他人事ではない体の不調。様々な症状を引き起こすシックハウス症候群。
  2. 知らないと怖い住宅被害。必ず家づくりに取り入れたいものとは?
  3. これを押さえておかないと後々困る。家事や育児が時短になる導線とは?
  4. 地震対策は足元から!気になる地盤調査の費用とは?
  5. いくらまで借りれるの?住宅ローンと初めの諸費用!?
  6. みんな知りたい住宅の価格。いったいどうやって決まるの?
  7. どの家が最強!?最初に悩む住宅の基礎と建物工法の種類。
  8. 今どきの健康住宅の考え方。お子さんやお年寄りが安心できる家とは?
  9. 意外と知らない!?基本的な住宅購入までの流れ。
  10. こんなものにも種類がある!?外壁や屋根の種類と特徴とは?
閉じる

家づくり達人講座‎

カテゴリー:二世帯住宅

◎二世帯住宅、姑との関係について長男の嫁の方だと、旦那の親世帯と二世帯住宅で同居しなくてはいけないなんてこともあるかもしれませんね。二世帯住宅というのは経済的な面や将来的な介護の面などを考えるとメリットを考えれば良いものではあります…

◎誰かが無理してませんか二世帯住宅での新しい暮らしは、最初のうちは家族全員が手探り状態です。親子といっても親と所帯をもった子なので、互いに少しの距離を感じるかもしれません。また、はじめて一緒に暮らすことになる親と子の配偶者との間…

◎完全共有型昔ながらの同居スタイルです。親子それぞれの寝室以外の住まいのほぼ全域を共有し合います。玄関には二世帯分の靴、台所には二人の主婦が立ち、トイレや洗面所は込み合いますが、大家族でワイワイガヤガヤ暮らしたいのならこのパター…

Q1 同居と二世帯住宅の違いはなんですか?A1 同じ屋根の下で、親と子のそれぞれの世帯が暮らすのが「二世帯住宅」です。一軒の家の中で、寝室以外のリビングやキッチン、トイレなどを全員で共有するいわゆる「同居」も、広義には「二世帯住宅」とい…

◎二世帯住宅が役目を終えるとき二世帯住宅に住む家族構成は、親世帯と子世帯、そして子の子どもである孫です。核家族は子どもの独立をもってその存在意義を全うし、社会に対する責任を終えます。しかし、三世代で一緒に暮らす二世帯住宅は、赤ち…

◎二世帯住宅以前の人間関係二世帯住宅二世帯住宅という暮らし方をこれから始めようとしているにもかかわらず、相手が何を考えているのかわからないという親も子も多いようです。しかし、親と子の間で考え方にギャップがあるのはそれでしかたないとい…

◎息子夫婦と親が住む息子は家を継ぐもの、娘は嫁に行くもの、そして、親の面倒をみるのは男(実際にはその妻)と長い間考えられてきたため、息子夫婦とその親との同居というパターンが二世帯住宅のほとんどです。息子夫婦といっても、特に長男が多い…

◎増改築で対応できること増改築(リフォーム)とは、もともとある住まいを増築したり、一部分を改築したりすることです。親から資金援助を受けた場合の税制面の特例は、新築だけでなく増改築にも適用されますが、工事費用や住まいの床面積などの一定…

◎起きる時刻、寝る時刻毎日の暮らしは、朝、起床するところから始まります。しかし、職場まで徒歩5分なので8時まで眠れる家庭もあれば、5時起床で2時間かけて出勤しなくてはならない家庭もあります。その始まりの時刻は家庭によってまちまち…

◎バリアフリーは各世代のためバリアフリーという言葉の意味を「段差なし」と解している人が多いようです。バリアは「障壁」、フリーは「自由な、解放された」という意味で、バリアフリーは双方を合わせた造語で、もともとは建築用語です。住まい…

さらに記事を表示する

ピックアップ記事

  1. 他人事ではない体の不調。様々な症状を引き起こすシックハウス症候群
     ◎シックハウスとは近年被害が増加傾向にある、化学物質過敏症・アレルギー・アトピーなど様々な体の…
  2. 知らないと怖い住宅被害。必ず家づくりに取り入れたいものとは?
     ◎耐震住宅耐震とは耐震とは建物そのものの地震の揺れに対しての耐久性です。 そのほか、免…
  3. これを押さえておかないと後々困る。家事や育児が時短になる導線とは?
    ◎家事の導線家事の導線から内装を考える家事導線というのは、家事する場合の利便性を考えるこ…
  4. 地震対策は足元から!気になる地盤調査の費用とは?
    ◎土地の購入土地の購入のポイント個人で購入個人で購入するにはかなり専門的な知識を必要とす…
  5. いくらまで借りれるの?住宅ローンと初めの諸費用!?
    ◎住宅ローンの借入金額ポイント総借入金額 年収の4倍以下まで頭金  物件…
ページ上部へ戻る