閉じる
閉じる
閉じる
  1. 他人事ではない体の不調。様々な症状を引き起こすシックハウス症候群。
  2. 知らないと怖い住宅被害。必ず家づくりに取り入れたいものとは?
  3. これを押さえておかないと後々困る。家事や育児が時短になる導線とは?
  4. 地震対策は足元から!気になる地盤調査の費用とは?
  5. いくらまで借りれるの?住宅ローンと初めの諸費用!?
  6. みんな知りたい住宅の価格。いったいどうやって決まるの?
  7. どの家が最強!?最初に悩む住宅の基礎と建物工法の種類。
  8. 今どきの健康住宅の考え方。お子さんやお年寄りが安心できる家とは?
  9. 意外と知らない!?基本的な住宅購入までの流れ。
  10. こんなものにも種類がある!?外壁や屋根の種類と特徴とは?
閉じる

家づくり達人講座‎

カテゴリー:二世帯住宅

◎親の負担と子の負担二世帯住宅のための資金の出所は、大きく分けると次の三通りに分類されます。・親世帯が全額もつ場合・子世帯が全額もつ場合・親と子で案分して出し合う場合親世帯か子世帯のどちらかが全額負担する場合には、お金を…

◎設計事務所、工務店、住宅メーカーの三択住まいの増改築や新築をする場合、工務店、大工さん、設計事務所、建設会社、住宅メーカーなどに依頼して工事をしてもらわなければなりません。しかし、その依頼先の選択は難しいものです。工事の依頼先…

◎増改築は水回りの使用不能期間を確認増改築という方法での二世帯住宅の最大のメリットは、引っ越しの手間と仮住まいのコストが省けることです。しかし、住み続けながら工事を進められる代わりに、工事の進み具合によって、使用不能になる場所が順番…

◎相手世代の希望も尊重してルールは社会生活を営む上でどこにでも存在しています。家族の間でルールというと、水臭いイメージがあるかもしれません。しかし、二世帯住宅は異なる年代にわたる多人数での暮らしの場を共有する小さな社会です。…

◎二世帯住宅とは?一軒の家に、おじいちゃん、おばあちゃん、お父さん、お母さん、そしてお父さんの兄弟や子どもたちが一緒に住む大家族が当たり前だった時代には二世帯住宅という言葉も考え方もありませんでした。しかし、もともと、おじいちゃん、…

◎土地がある場合土地がある場合は、親の家を二世帯住宅にするケースがいちばん多いようです。その方法には、「そのまま住む」、「増改築する」、「建て替えをする」の三つがありますが、それぞれにメリット・デメリット、注意点があります。・そ…

親と一緒に、あるいは子と一緒に二世帯住宅での生活を始めたいということであれば、当然その一緒に住むための家を用意しなくてはいけません。二世帯住宅を建てるということになると当然それなりの資金が必要ということになります。どのくらいの資…

タイプ二世帯住宅の成功の秘訣。その基本法則は「お互いのプライバシーを守る」「精神的にも経済的にもお互いに負担をかけすぎない」ことです。つまり、世帯間の独立性を尊重すること。二世帯住宅といっても、そのタイプはひとつ屋根の下に家族全員が暮ら…

・経済的なメリット二世帯住宅の重要キーワードの1つは「経済的なメリット」です。二世帯住宅を建てることで得られる経済的なメリットとは何でしょうか。具体的なポイントについて、チェックしてみましょう。POINT1親が土地を所有していれ…

世帯住宅を建てる時というのは建築のためにいろいろとお金がかかるものです。かなりの金額になるわけですから、建てる時にとにかくその予算が安くなるようにしたいと考える方は多いでしょう。しかし、二世帯住宅を建てた後の税金対策についても考えて…

さらに記事を表示する

ピックアップ記事

  1. 他人事ではない体の不調。様々な症状を引き起こすシックハウス症候群
     ◎シックハウスとは近年被害が増加傾向にある、化学物質過敏症・アレルギー・アトピーなど様々な体の…
  2. 知らないと怖い住宅被害。必ず家づくりに取り入れたいものとは?
     ◎耐震住宅耐震とは耐震とは建物そのものの地震の揺れに対しての耐久性です。 そのほか、免…
  3. これを押さえておかないと後々困る。家事や育児が時短になる導線とは?
    ◎家事の導線家事の導線から内装を考える家事導線というのは、家事する場合の利便性を考えるこ…
  4. 地震対策は足元から!気になる地盤調査の費用とは?
    ◎土地の購入土地の購入のポイント個人で購入個人で購入するにはかなり専門的な知識を必要とす…
  5. いくらまで借りれるの?住宅ローンと初めの諸費用!?
    ◎住宅ローンの借入金額ポイント総借入金額 年収の4倍以下まで頭金  物件…
ページ上部へ戻る