閉じる
閉じる
閉じる
  1. 他人事ではない体の不調。様々な症状を引き起こすシックハウス症候群。
  2. 知らないと怖い住宅被害。必ず家づくりに取り入れたいものとは?
  3. これを押さえておかないと後々困る。家事や育児が時短になる導線とは?
  4. 地震対策は足元から!気になる地盤調査の費用とは?
  5. いくらまで借りれるの?住宅ローンと初めの諸費用!?
  6. みんな知りたい住宅の価格。いったいどうやって決まるの?
  7. どの家が最強!?最初に悩む住宅の基礎と建物工法の種類。
  8. 今どきの健康住宅の考え方。お子さんやお年寄りが安心できる家とは?
  9. 意外と知らない!?基本的な住宅購入までの流れ。
  10. こんなものにも種類がある!?外壁や屋根の種類と特徴とは?
閉じる

家づくり達人講座‎

こんなものにも種類がある!?外壁や屋根の種類と特徴とは?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
こんなものにも種類がある!?外壁や屋根の種類と特徴とは?
 

◎外壁

外壁について

外壁はデザインや耐久性など家の構造、見た目の大きな要因です。
外壁選びで考えるポイントを紹介します。

1、耐用年数

主な住宅の耐用年数は約30年といわれています。
外壁に至っては10年~15年と言われていますので、住宅を購入してその頃にコストがかかります。 この住宅のメンテナンス費用を考えてずに購入する方が意外に多いです。

外壁なのでもちろん雨風による汚れ、損傷が起こりますので材質選びは慎重に行いましょう。

2、外壁の材質

吹き付けの外壁

コンクリート、モルタルなどを下地にして吹き付け材を吹き付けた外壁です。 他にもサイディングに吹き付ける外壁もあります。
要は壁の上から防水性のものを吹き付け、家をガードするものになります。
吹き付け、ローラー仕上げなどあります。

タイルの外壁

吹き付け同様、下地にタイルを貼った外壁です。
このタイルにもいくつもの材質があり、耐用年数やタイルの特徴も違うので検討が必要です。 タイルでは、INAX、TOTOなどが大手で有名です。

ALCパネル

主原料は珪石、セメント、生石灰、発泡剤のアルミ粉末です。
JISの認証(JIS A 5416)を取得し、日本国内では現在3社が生産しており、非常に厳しい品質管理のもと製造されます。

ALCパネルは品質、精度ともにきわめて信頼性が高く、しかも多孔質、軽量、無機質という性質が建物に多くのメリットをもたらします。非常に高価な外壁になります。

カーテンウォール

柱と梁を主体構造とし、壁は外装材または外部との仕切材にすぎないと考えた構造形式。
高層ビルでは地震の時にガラスが割れるのを防ぐためにカーテンウォールが役立ちますし、 一種の防護壁のことです。

◎屋根

屋根のついて

屋根には様々な形状があります。

1番多い屋根    切妻屋根
2番目に多い屋根  寄棟屋根

他にも、フラット屋根、片流れ屋根、段違い屋根 、越屋根、大屋根、腰折れ屋根などがあります。 デザインや間取り、立地によって屋根の形状も変わります。

屋上のような屋根はどうしても痛みが激しいので注意しましょう。

屋根瓦について

大きく分けて3種類

1、粘土瓦  2、セメント瓦  3、鉄板

他にもこのような瓦があります。

モニエル瓦
セメント瓦
スレート瓦
カラー鉄板
フッ素樹脂塗装鋼板
ガルバリウム鋼板
最近では太陽光パネルの設置が多くなったため、 パネルに対応した屋根、また屋根とパネルが一体型の材質が出てきています。

コストも様々なのでメーカーへ確認しましょう。

関連記事

  1. 知ってるようで知らない!?長期優良住宅の基準とは?

    知ってるようで知らない!?長期優良住宅の基準とは?

  2. 今どきの健康住宅の考え方。お子さんやお年寄りが安心できる家とは?

    今どきの健康住宅の考え方。お子さんやお年寄りが安心できる家とは?…

  3. みんな知りたい住宅の価格。いったいどうやって決まるの?

    みんな知りたい住宅の価格。いったいどうやって決まるの?

  4. 知らないと怖い住宅被害。必ず家づくりに取り入れたいものとは?

    知らないと怖い住宅被害。必ず家づくりに取り入れたいものとは?

  5. どの家が最強!?最初に悩む住宅の基礎と建物工法の種類。

    どの家が最強!?最初に悩む住宅の基礎と建物工法の種類。

  6. 実際のところ何がエコなの?

    今流行りのエコ住宅。実際のところ何がエコなの?

ピックアップ記事

  1. 他人事ではない体の不調。様々な症状を引き起こすシックハウス症候群
     ◎シックハウスとは近年被害が増加傾向にある、化学物質過敏症・アレルギー・アトピーなど様々な体の…
  2. 知らないと怖い住宅被害。必ず家づくりに取り入れたいものとは?
     ◎耐震住宅耐震とは耐震とは建物そのものの地震の揺れに対しての耐久性です。 そのほか、免…
  3. これを押さえておかないと後々困る。家事や育児が時短になる導線とは?
    ◎家事の導線家事の導線から内装を考える家事導線というのは、家事する場合の利便性を考えるこ…
  4. 地震対策は足元から!気になる地盤調査の費用とは?
    ◎土地の購入土地の購入のポイント個人で購入個人で購入するにはかなり専門的な知識を必要とす…
  5. いくらまで借りれるの?住宅ローンと初めの諸費用!?
    ◎住宅ローンの借入金額ポイント総借入金額 年収の4倍以下まで頭金  物件…
ページ上部へ戻る