閉じる
閉じる
閉じる
  1. 他人事ではない体の不調。様々な症状を引き起こすシックハウス症候群。
  2. 知らないと怖い住宅被害。必ず家づくりに取り入れたいものとは?
  3. これを押さえておかないと後々困る。家事や育児が時短になる導線とは?
  4. 地震対策は足元から!気になる地盤調査の費用とは?
  5. いくらまで借りれるの?住宅ローンと初めの諸費用!?
  6. みんな知りたい住宅の価格。いったいどうやって決まるの?
  7. どの家が最強!?最初に悩む住宅の基礎と建物工法の種類。
  8. 今どきの健康住宅の考え方。お子さんやお年寄りが安心できる家とは?
  9. 意外と知らない!?基本的な住宅購入までの流れ。
  10. こんなものにも種類がある!?外壁や屋根の種類と特徴とは?
閉じる

家づくり達人講座‎

中高年層だけじゃない!若い世代にも愛される平屋建て住宅の魅力。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
中高年層だけじゃない!若い世代にも愛される平屋建て住宅の魅力。
 

◎平屋建ての魅力

中高年層に好まれる傾向の平屋建ての住宅ですが、最近若い世代にも平屋建てを建築する人が増えています。

どんな魅力があるのでしょうか?

今までは、階段の昇り降りがきついとか、子育てが終わって2階建ての必要がなくなったなどという理由が多かったのですが、若い世代の方が注目している理由が、子供の勉強をリビングルームでさせることが、教育上優れていると言われ始めていることを知ったことです。

個室で勉強するよりも、周りに親がいていろんな話や家事をする中で勉強することが、集中できる、ということらしいです。

雑音の中で勉強できるようになることで、集中力が養われるようです。

たぶん身近に家族がいるという安心感もあってのことと思います。

わからないところを聞いてきたりしたときに、すぐに対応できるという利点など、家族の絆を深める効果もあるようです。

同じことは2階建てでもできるわけですが、子供たちはついつい、自分の部屋に入りっきりになるようです。

1階で疲れて寝た子供を2階までおんぶして階段を上ることもありません。

平屋建ての場合、同じフロアで食事をし、勉強をし、疲れたら休む、ということで、生活が充実できるようです。

家族みんなが気持ちを一つにして生活できる、という理想が実現しそうですね。

 

◎平屋建ての安全性

住宅内での事故は多く報告されています。

お風呂での溺死、台所でのやけど、玄関での転倒、ドアや窓での手を挟まれる事故などあります。

これらは平屋建て、2階建てにかかわらず発生しうる事故です。

ほかに多いのが、階段での転落、転倒事故です。

手に荷物を持っていたり、足もとを確認していなかったりで、転倒などは起きるものです。

平屋建ての場合、階段がない、ということは、階段での事故がない、ということです。

2階建てに住んでいる若い方も、1階で洗濯し2階のベランダに干す、という作業を面倒になって1階のサンルームや洗面所、庭などに干しているようです。

高齢になってくると、階段の昇り降りは苦になるものです。

30代のころ2階建て住宅を造ったものの、子育てが終わったら、2階の部屋は物置になった、という家は多くあります。

平屋建ては、非常時の避難にもメリットがあります。

仮に台所から火事が発生した場合、2階よりも1階からのほうが避難しやすいことはわかります。

そうはいうものの平屋建ては、2階建てに比べて土地の面積が多く必要になります。

予算的に無理がなければ、平屋建ての間取りをおすすめします。

2階建てでも、1階に寝室を持ってくるとか、和室を将来寝室にするなどと考えての間取りもいいかもしれません。

関連記事

  1. 意外と増えている!知っている人が建てる平屋建ての良さ。

    意外と増えている!知っている人が建てる平屋建ての良さ。

  2. 平屋建てプランは難しい?2階建てにない平屋建ての良さ。

    平屋建てプランは難しい?2階建てにない平屋建ての良さ。

  3. 家族の命にかかわるかも!平屋建てのメリット・デメリット。

    家族の命にかかわるかも!平屋建てのメリット・デメリット。

ピックアップ記事

  1. 他人事ではない体の不調。様々な症状を引き起こすシックハウス症候群
     ◎シックハウスとは近年被害が増加傾向にある、化学物質過敏症・アレルギー・アトピーなど様々な体の…
  2. 知らないと怖い住宅被害。必ず家づくりに取り入れたいものとは?
     ◎耐震住宅耐震とは耐震とは建物そのものの地震の揺れに対しての耐久性です。 そのほか、免…
  3. これを押さえておかないと後々困る。家事や育児が時短になる導線とは?
    ◎家事の導線家事の導線から内装を考える家事導線というのは、家事する場合の利便性を考えるこ…
  4. 地震対策は足元から!気になる地盤調査の費用とは?
    ◎土地の購入土地の購入のポイント個人で購入個人で購入するにはかなり専門的な知識を必要とす…
  5. いくらまで借りれるの?住宅ローンと初めの諸費用!?
    ◎住宅ローンの借入金額ポイント総借入金額 年収の4倍以下まで頭金  物件…
ページ上部へ戻る