閉じる
閉じる
閉じる
  1. 他人事ではない体の不調。様々な症状を引き起こすシックハウス症候群。
  2. 知らないと怖い住宅被害。必ず家づくりに取り入れたいものとは?
  3. これを押さえておかないと後々困る。家事や育児が時短になる導線とは?
  4. 地震対策は足元から!気になる地盤調査の費用とは?
  5. いくらまで借りれるの?住宅ローンと初めの諸費用!?
  6. みんな知りたい住宅の価格。いったいどうやって決まるの?
  7. どの家が最強!?最初に悩む住宅の基礎と建物工法の種類。
  8. 今どきの健康住宅の考え方。お子さんやお年寄りが安心できる家とは?
  9. 意外と知らない!?基本的な住宅購入までの流れ。
  10. こんなものにも種類がある!?外壁や屋根の種類と特徴とは?
閉じる

家づくり達人講座‎

工法の違いはメーカーの違い!どこで選ぶかはあなた次第。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
工法の違いはメーカーの違い!どこで選ぶかはあなた次第。
 

メーカーの違いは工法の違い
二世帯住宅の実績のあるハウスメーカーは、数多くあります。ハウスメーカーのそれぞれ違いは、手がける工法です。つまり、どのハウスメーカーを選ぶかによって、家の構造が決まります。
建築工法の主なものを、以下にまとまてみました。ハウスメーカーを選ぶ際のポイントになりますので、自分の希望にあった二世帯住宅に合った工法をチェックしておきましょう。

 

<<木造軸組工法>>

コンクリートの基礎の上に土台を置き、それに梁と柱を組み合わせて建物を建築する工法です。日本家屋の伝統的工法として使用されているので「在来工法」とも呼ばれています。
熟練した技術が必要な工法のため、大工さんによって仕上がりにバラツキができます。そのため、信頼できる業者を選ぶことが大切です。
木造軸組工法は、他の構造と比べると構造上の規制が少なく、軸の位置や長さが比較的自由に設定することができ、広くて開放的なプランも実現可能です。さらに、他の工法に比べ、増改築しやすいことも特徴です。

 

<<木質系プレハブ工法>>

木質系プレハブ工法とは、木製の枠に合板を張ったパネルを工場で生産し、そのパネルを現地に運び、床や壁、天井などを組み立てる工法のことです。2×4工法との違いは次のようなものです。
2×4工法では、枠と合板は現地で接合します。木質系プレハブ工法の場合、工場でパネルを生産します。このため、精度が高いパネルが生産できます。現場で組み立てる時間も短いため、2×4工法より、さらに現場での工期も短縮されます。ただ、パネルを現場で組み立てる際にクレーンを使うため、車が入らないような狭い道路に面する土地での施工は、難しくなります。
2×4工法も木質系プレハブ工法も壁で建物全体を支える壁式構造です。このため、地震に強いのがメリットです。一方で、窓や入り口の大きさなどが在来木造軸組工法より制約されてしまう場合があります。つまり、間取りやリフォーム時の自由度が減るのがデメリットです。

 

<<鉄筋系プレハブ工法>>

鉄筋系プレハブ工法は、主に軽量鉄骨が材料として使用されている工法です。一般的には木造軸組工法と同じく鉄骨を用いて柱と梁などを構成する軸組工法が主流になっています。
木質系プレハブ工法と同様程度に、工期が短いのがメリットです。また、木質系の壁式工法と比べると間取りの自由度が高い特徴があります。

 

<<コンクリート系プレハブ工法>>

コンクリート系プレハブ工法とは、工場で作られ養生されたコンクリートパネルを、現場で組み立て床・壁等を構成する工法です。構造の考え方は、2×4工法と同じです。
パネルは、プレキャスト板と呼ばれ、メーカー独自で開発されています。
現場打ちのコンクリートと比べると、品質が安定していて、耐久性や遮音性・耐火性に優れています。
現場で型枠を組み立て、コンクリートを打つ場合、天候や気温の影響を受けやすく、コンクリートの品質を維持するのが難しいものです。コンクリート系プレハブ工法は、工場内でコンクリートを打つので、ムラのない仕上がりになります。鉄骨系や木質系と比べて、遮音性や耐震性、耐火性があります。しかし、重量が大きいため、地盤の弱い土地では基礎工事費が高くなります。

 

<<2×4工法(ツーバイフォー工法)>>

北米で生まれた工法で、日本では1970年代に正式に認可されたものです。木材を材質とした住宅です。柱や梁ではなく、床の上に壁を立ち上げて家を作っていく構造です。
2×4工法は、枠組壁工法ともいいます。木枠の断面が2×4インチのサイズから成り立っているので、この名前がつきました。
この2×4インチの部材で枠をつくり、そこに合板や石膏ボードを貼り、パネルを作ります。このパネルを組み合わせて、壁や床、天井を構成し、箱状の建物を作っていきます。
クギや金物なども規格化されているので、木造軸組工法より工期が短いのがメリットです。

 

<<鉄筋コンクリート造>>

鉄筋コンクリート造とは、現場で、鉄筋を使用して枠型を組み、コンクリートを流し込んで組み立てる工法です。
圧縮に強いコンクリートと、引張りに強い鉄筋を使用することで、お互いの欠点を補い、より強い強度を作り出すことができます。
耐震性・耐久性・耐火性に優れています。また、コンクリート自体は柔軟な形を作り出すことができるため、デザイン性にも優れています。

 

<<鉄骨造>>

鉄骨造とは、基本的に鉄筋またはその他の金属によって建築する工法のこと。鉄骨造に使用される鉄骨は、木材に比べて強度が強く、コンクリートよりも重量が小さいので高層建築物などに使用されています。
骨組みは、工場で作られ、品質の安定性と信頼性が高く、広い空間を取ることができ、耐震性にも優れています。
木造軸組工法や2×4工法と比べ、柱の寸法が大きくなり、無駄なスペースができやすいので注意が必要になります。

関連記事

  1. 聞きなれない言葉、ホームインスペクション。後悔したくないなら・・・

    聞きなれない言葉、ホームインスペクション。後悔したくないなら・・…

  2. これは抑えておこう!よく聞く住宅用語あれこれ。

    これは抑えておこう!よく聞く住宅用語あれこれ。

  3. 他人事ではない体の不調。様々な症状を引き起こすシックハウス症候群

    他人事ではない体の不調。様々な症状を引き起こすシックハウス症候群…

ピックアップ記事

  1. 他人事ではない体の不調。様々な症状を引き起こすシックハウス症候群
     ◎シックハウスとは近年被害が増加傾向にある、化学物質過敏症・アレルギー・アトピーなど様々な体の…
  2. 知らないと怖い住宅被害。必ず家づくりに取り入れたいものとは?
     ◎耐震住宅耐震とは耐震とは建物そのものの地震の揺れに対しての耐久性です。 そのほか、免…
  3. これを押さえておかないと後々困る。家事や育児が時短になる導線とは?
    ◎家事の導線家事の導線から内装を考える家事導線というのは、家事する場合の利便性を考えるこ…
  4. 地震対策は足元から!気になる地盤調査の費用とは?
    ◎土地の購入土地の購入のポイント個人で購入個人で購入するにはかなり専門的な知識を必要とす…
  5. いくらまで借りれるの?住宅ローンと初めの諸費用!?
    ◎住宅ローンの借入金額ポイント総借入金額 年収の4倍以下まで頭金  物件…
ページ上部へ戻る