閉じる
閉じる
閉じる
  1. 他人事ではない体の不調。様々な症状を引き起こすシックハウス症候群。
  2. 知らないと怖い住宅被害。必ず家づくりに取り入れたいものとは?
  3. これを押さえておかないと後々困る。家事や育児が時短になる導線とは?
  4. 地震対策は足元から!気になる地盤調査の費用とは?
  5. いくらまで借りれるの?住宅ローンと初めの諸費用!?
  6. みんな知りたい住宅の価格。いったいどうやって決まるの?
  7. どの家が最強!?最初に悩む住宅の基礎と建物工法の種類。
  8. 今どきの健康住宅の考え方。お子さんやお年寄りが安心できる家とは?
  9. 意外と知らない!?基本的な住宅購入までの流れ。
  10. こんなものにも種類がある!?外壁や屋根の種類と特徴とは?
閉じる

家づくり達人講座‎

銀行だけじゃない!?自分に合ったリフォームローンとは?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
銀行だけじゃない!?自分に合ったリフォームローンとは?
 

リフォームローンは公庫、銀行、ローン会社で取り扱われています。
ここではそれぞれのリフォームローンの特徴やリフォームローンに関する基礎知識を学んでみましょう。

 

◎公庫系リフォームローンの特徴

公庫系は各自治体や住宅金融公庫などで借りられる公的融資です。
公庫系のリフォームローンには「一般リフォーム融資」と、「リ・ユース住宅購入・リフォーム融資(同時申込型)」があります。
今の家をリフォームする場合は「リフォーム融資」を利用し、中古住宅を購入する場合は「リ・ユース住宅購入・リフォーム融資(同時申込型)」を利用します。
そのほかにも財形貯蓄をしている人が対象の「財形住宅融資」や、自治体に居住または勤務している人が対象の「自治体のリフォーム助成・融資施策」などがあります。

 

◎銀行系リフォームローン

銀行系のリフォームローンの特徴には無担保型と有担保型があり、公的融資より融資額が大きい傾向にあります。
無担保型のリフォームローンは金利が高めですが、担保がないため審査が早いです。
一方、有担保型は審査が厳しいですが、金利は低めになっています。

 

◎ローン系リフォームローン

ローン系リフォームローンは金利が高めですが、無担保で審査もスピーディです。

 

◎自己資金はどのくらい用意しておく?

リフォームは多額の費用がかかることもありますが、
貯金を全て使うことは、怪我など何かあったときに対処できないので危険です。
一般的にローンを利用するときは、総額の2割以上の現金を用意しておくといいと言われています。
現金が多ければ多いほど利息負担が小さくなるので、頭金は多いほうが有利です。

関連記事

  1. 意外とお金がかかる。リフォーム費用以外の必要経費。

    意外とお金がかかる。リフォーム費用以外の必要経費。

  2. ここは押さえておきたい!リフォームで失敗しない為には。

    ここは押さえておきたい!リフォームで失敗しない為には。

  3. リフォームの見積もりって難解!?○○一式って何?

    リフォームの見積もりって難解!?○○一式って何?

  4. 言った、言わない口約束。打ち合わせに必須のアイテムとは?

    言った、言わない口約束。打ち合わせに必須のアイテムとは?

  5. リフォームVS建て替え!実際どっちがいいの?

    リフォームVS建て替え!実際どっちがいいの?

  6. 何を重視するかで変わる!賢いリフォーム業者の選び方。

    何を重視するかで変わる!賢いリフォーム業者の選び方。

ピックアップ記事

  1. 他人事ではない体の不調。様々な症状を引き起こすシックハウス症候群
     ◎シックハウスとは近年被害が増加傾向にある、化学物質過敏症・アレルギー・アトピーなど様々な体の…
  2. 知らないと怖い住宅被害。必ず家づくりに取り入れたいものとは?
     ◎耐震住宅耐震とは耐震とは建物そのものの地震の揺れに対しての耐久性です。 そのほか、免…
  3. これを押さえておかないと後々困る。家事や育児が時短になる導線とは?
    ◎家事の導線家事の導線から内装を考える家事導線というのは、家事する場合の利便性を考えるこ…
  4. 地震対策は足元から!気になる地盤調査の費用とは?
    ◎土地の購入土地の購入のポイント個人で購入個人で購入するにはかなり専門的な知識を必要とす…
  5. いくらまで借りれるの?住宅ローンと初めの諸費用!?
    ◎住宅ローンの借入金額ポイント総借入金額 年収の4倍以下まで頭金  物件…
ページ上部へ戻る