閉じる
  1. 高齢化に伴うヒートショック!急激な温度変化を防ぐ方法は?
  2. 2階建てと平屋で違うの?防犯を考えた平屋の間取りとは?
  3. 鬼門んてよく聞くけど何が悪いの?家相の必要性について。
  4. 老後のライフスタイルにおすすめ!平屋間取りへのリフォーム!
  5. 夫婦だからこそプライベート空間!平屋の間取りの考え方とは?
  6. 磯○家を参考に!?2世帯住宅のメリット・デメリット!
  7. こんなに違うの!?介護を考えたトイレの作り方!
  8. オール電化をお考えなら断然 電気温水器よりエコキュートがお得!
  9. 他人事ではない体の不調。様々な症状を引き起こすシックハウス症候群。
  10. 知らないと怖い住宅被害。必ず家づくりに取り入れたいものとは?
閉じる

家づくり達人講座‎

やっぱり気になる!?タイプ別の二世帯住宅建築にかかる金額。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
やっぱり気になる!?タイプ別の二世帯住宅建築にかかる金額。
 

二世帯住宅を建てるにあたって気になるのはその金額でしょう。
いくらでも資金があるということであれば自由に建てることもできるでしょうけれど、なかなかそんな人はいないでしょうから、
予算と相談しながらどんな住宅にするか、どんな間取りにするのかを決めていかなければいけません。
二世帯住宅と一口で言ってもいくつかのタイプがあります。そしてそのタイプごとのメリット・デメリットが存在し、建てるために必要な金額も変化します。
まず同居タイプの二世帯住宅の場合。
これは特に住宅の内部を分けたり、設備を複数設置するようなことはない、要は普通に一つ屋根の下で暮らすという住宅です。
普通の住宅に親の世帯と子の世帯が暮らすということになりますから、金額的には最も安くなります。
そして共用タイプの二世帯住宅の場合。
これは寝室など普段の生活スペースについては世帯ごとに分離しますが、キッチンや玄関、風呂といった部分については両世帯で共用します。
どの程度まで共用するかというのは話し合うなどして決めることとなり、共用するスペースを多くするほど金額は安くなります。
そして完全に分離したタイプの二世帯住宅。
これは建物は一つですが、玄関や水回りなどを完全に分離し、行き来するドアには鍵をつけたり、あるいは行き来する部分もないような住宅です。
このタイプだとプライバシーを守りやすくなりますが、その分建築にかかる金額は高くなりますね。

関連記事

  1. 思っているより高額!二世帯住宅の見積もりについて。

    思っているより高額!二世帯住宅の見積もりについて。

  2. 中庭で生活スタイルを仕切る!?二世帯住宅ならではの間取り。

    中庭で生活スタイルを仕切る!?二世帯住宅ならではの間取り。

  3. あなたの家族はどのタイプ?二世帯住宅の基本3パターン。

    あなたの家族はどのタイプ?二世帯住宅の基本3パターン。

  4. こんなにも変わる税金対策!二世帯住宅だからできる方法。

    こんなにも変わる税金対策!二世帯住宅だからできる方法。

  5. どっちが負担するの?事前に決めておきたい二世帯の資金割合。

    どっちが負担するの?事前に決めておきたい二世帯の資金割合。

  6. どうして最近増えているのか?今の時代に合った二世帯住宅。

    どうして最近増えているのか?今の時代に合った二世帯住宅。

ピックアップ記事

  1. 高齢化に伴うヒートショック!急激な温度変化を防ぐ方法は?
    平屋間取 ヒートショック平屋の間取住宅で、エコや環境問題、安全性を取り入れたものが人気のようです…
  2. 2階建てと平屋で違うの?防犯を考えた平屋の間取りとは?
    平屋 間取の床下収納平屋の間取プランで収納スペースを確保する方法として挙げられるもので、床下収納…
  3. 鬼門んてよく聞くけど何が悪いの?家相の必要性について。
    家相について平屋の間取プランの購入を考えている方の中でも、家相を取り入れようと思っている方は多い…
  4. 老後のライフスタイルにおすすめ!平屋間取りへのリフォーム!
    平屋 間取にリフォーム今住んでいる住宅を、平屋の間取にリフォームする方も増えてきています。…
  5. 夫婦だからこそプライベート空間!平屋の間取りの考え方とは?
    平屋間取 夫婦のライフスタイル平屋の間取住宅を建てようと考えている際、子供が独立し、夫婦二人の生…
ページ上部へ戻る