閉じる
閉じる
閉じる
  1. 他人事ではない体の不調。様々な症状を引き起こすシックハウス症候群。
  2. 知らないと怖い住宅被害。必ず家づくりに取り入れたいものとは?
  3. これを押さえておかないと後々困る。家事や育児が時短になる導線とは?
  4. 地震対策は足元から!気になる地盤調査の費用とは?
  5. いくらまで借りれるの?住宅ローンと初めの諸費用!?
  6. みんな知りたい住宅の価格。いったいどうやって決まるの?
  7. どの家が最強!?最初に悩む住宅の基礎と建物工法の種類。
  8. 今どきの健康住宅の考え方。お子さんやお年寄りが安心できる家とは?
  9. 意外と知らない!?基本的な住宅購入までの流れ。
  10. こんなものにも種類がある!?外壁や屋根の種類と特徴とは?
閉じる

家づくり達人講座‎

やっぱり気になる!?タイプ別の二世帯住宅建築にかかる金額。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
二世帯住宅建築にかかる金額
 

二世帯住宅を建てるにあたって気になるのはその金額でしょう。
いくらでも資金があるということであれば自由に建てることもできるでしょうけれど、なかなかそんな人はいないでしょうから、
予算と相談しながらどんな住宅にするか、どんな間取りにするのかを決めていかなければいけません。
二世帯住宅と一口で言ってもいくつかのタイプがあります。そしてそのタイプごとのメリット・デメリットが存在し、建てるために必要な金額も変化します。
まず同居タイプの二世帯住宅の場合。
これは特に住宅の内部を分けたり、設備を複数設置するようなことはない、要は普通に一つ屋根の下で暮らすという住宅です。
普通の住宅に親の世帯と子の世帯が暮らすということになりますから、金額的には最も安くなります。
そして共用タイプの二世帯住宅の場合。
これは寝室など普段の生活スペースについては世帯ごとに分離しますが、キッチンや玄関、風呂といった部分については両世帯で共用します。
どの程度まで共用するかというのは話し合うなどして決めることとなり、共用するスペースを多くするほど金額は安くなります。
そして完全に分離したタイプの二世帯住宅。
これは建物は一つですが、玄関や水回りなどを完全に分離し、行き来するドアには鍵をつけたり、あるいは行き来する部分もないような住宅です。
このタイプだとプライバシーを守りやすくなりますが、その分建築にかかる金額は高くなりますね。

関連記事

  1. 二世帯住宅における税金対策について

    こんなにも変わる税金対策!二世帯住宅だからできる方法。

  2. 世代が変われば生活も変わる!侵害しない二世帯住宅のエチケット。

    世代が変われば生活も変わる!侵害しない二世帯住宅のエチケット。

  3. いくら家族だってここだけは!二世帯住宅の家族の問題点とは?

    いくら家族だってここだけは!二世帯住宅の家族の問題点とは?

  4. 二世帯住宅だからこその疑問。これでスッキリ解決!

    二世帯住宅だからこその疑問。これでスッキリ解決!

  5. 二世帯住宅での電話回線について

    意外と悩む電話回線。。二世帯住宅の場合に必要な回線数は?

  6. 狭い土地での二世帯住宅について

    狭い土地でも建てることができるの?狭小地の二世帯住宅。

ピックアップ記事

  1. 他人事ではない体の不調。様々な症状を引き起こすシックハウス症候群
     ◎シックハウスとは近年被害が増加傾向にある、化学物質過敏症・アレルギー・アトピーなど様々な体の…
  2. 知らないと怖い住宅被害。必ず家づくりに取り入れたいものとは?
     ◎耐震住宅耐震とは耐震とは建物そのものの地震の揺れに対しての耐久性です。 そのほか、免…
  3. これを押さえておかないと後々困る。家事や育児が時短になる導線とは?
    ◎家事の導線家事の導線から内装を考える家事導線というのは、家事する場合の利便性を考えるこ…
  4. 地震対策は足元から!気になる地盤調査の費用とは?
    ◎土地の購入土地の購入のポイント個人で購入個人で購入するにはかなり専門的な知識を必要とす…
  5. いくらまで借りれるの?住宅ローンと初めの諸費用!?
    ◎住宅ローンの借入金額ポイント総借入金額 年収の4倍以下まで頭金  物件…
ページ上部へ戻る