閉じる
閉じる
閉じる
  1. 他人事ではない体の不調。様々な症状を引き起こすシックハウス症候群。
  2. 知らないと怖い住宅被害。必ず家づくりに取り入れたいものとは?
  3. これを押さえておかないと後々困る。家事や育児が時短になる導線とは?
  4. 地震対策は足元から!気になる地盤調査の費用とは?
  5. いくらまで借りれるの?住宅ローンと初めの諸費用!?
  6. みんな知りたい住宅の価格。いったいどうやって決まるの?
  7. どの家が最強!?最初に悩む住宅の基礎と建物工法の種類。
  8. 今どきの健康住宅の考え方。お子さんやお年寄りが安心できる家とは?
  9. 意外と知らない!?基本的な住宅購入までの流れ。
  10. こんなものにも種類がある!?外壁や屋根の種類と特徴とは?
閉じる

家づくり達人講座‎

意外と考えることのない、二世帯住宅の続きとは?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
意外と考えることのない、二世帯住宅の続きとは?
 

◎二世帯住宅が役目を終えるとき

二世帯住宅に住む家族構成は、親世帯と子世帯、そして子の子どもである孫です。
核家族は子どもの独立をもってその存在意義を全うし、社会に対する責任を終えます。
しかし、三世代で一緒に暮らす二世帯住宅は、赤ちゃんだった子ども(孫)が独立し、同時期に親の一生を見送ることで、その意味と意義を全うします。
せっかくの二世帯住宅も、親子が一緒に住んでいる30年間の間だけで、その寿命を終えることになります。
しかし、二世帯住宅は普通の家に比べて部屋数や設備が多くなりがちで、建築時のコストも暮らしの中でのコストも想像以上に高くつきます。
しかし、わずか30年足らずで建て替えることは少しもったいない気がします。
そこで、二世帯住宅としての役割を全うした後も家族が快適に暮らし続けていけることを考慮して建てることも必要です。

 

◎二世帯住宅を建て替えるとき

二世帯住宅の中でも、部分共有型の場合は、部屋数や設備をセーブして建てる完全共有型と異なり、将来、親世帯スペースがそっくり空き家になってしまう可能性があります。
そこで、二世帯住宅を計画する際には、30年後の生活を想像しておきたいものです。
たとえば、親世帯の住まい部分が賃貸住宅として独立できれば、その家賃収入は年金生活へのプラスアルファになります。
また、自分の子どもとの二世帯住宅生活をスムーズに開始することも可能です。
また、最も避けなければならないことは、多額の資金を投じた新築の二世帯住宅が、欠陥工事が原因で20年や30年といった長い年数を暮らすことなく著しく痛んでしまい、大規模な改修控除が必要になることです。
最近の住宅はさまざまな工法や構造が入り混じっているため、素人目には良し悪しがわかりません。
欠陥住宅の多くも見た目にはきれいなしっかりした家の場合が多いようです。
しかし、予測のできない危険をはらんでいる住まいは、大事故や大怪我の原因にもなりかねません。
そこで、施工会社の選定には念入りな注意が必要です。

 

◎生き続ける二世帯住宅

本当の意味で、二世帯住宅で長く幸せに暮らし続けることは、決して簡単なことではありません。
また、二世帯住宅は永遠ではありません。
思いのほか早く終わる時が訪れる場合もよくあることです。
それは、欠陥工事による早期の建て替えという形で起る場合もあるでしょう。
また、子の兄弟との争いの末に、遺産分割というケースもあり得るかもしれません。
火災による焼失かもしれません。
しかし、最も多いのが親と子の仲違いによる別居なのです。
そして、二世帯住宅は絶対でもありません。
もともと、どのような住宅を二世帯住宅というかの厳密な定義はありませんが、私たちのまわりには、二世帯住宅に関する様々な情報があふれています。
しかし、誰とどのような家に住むかは、人それぞれです。
また、土地のあるなしや地域、仕事、経済、家族構成なども人それぞれ異なります。
計画を進めていくうえでどうしても無理だとわかった場合は、二世帯住宅を中止する勇気も必要なのです。
親と子が長く幸せに暮らすことができなければ、二世帯住宅に住む意味が全くないのです。

 

◎家だけ立派でも?

新築でも増改築でも、住宅の工事費用のほかに、外構工事費用を別に用意する必要があります。
外構工事とは、門、表札、ポスト、塀、駐車場などですが、その他、玄関アプローチ部分やマンホール、メーター類の移設工事、水勾配といわれる土地の排水工事なども含まれます。
そして、一般的には、外構工事費用は住宅工事費用の約1割程度をみておく必要があるでしょう。
外構はガーデニングと同一視されがちですが、ガーデニングはしなくても生活には支障がありませんが、外構工事をしないと生活に支障が出ます。
外構工事についての計画も忘れないようにしましょう。

関連記事

  1. 中庭のある二世帯住宅

    中庭で生活スタイルを仕切る!?二世帯住宅ならではの間取り。

  2. 別棟タイプの二世帯住宅について

    別棟タイプの二世帯住宅のメリット・デメリット!

  3. 新築だけが全てじゃない!増改築と新築メリット・デメリット。

    新築だけが全てじゃない!増改築と新築メリット・デメリット。

  4. 世代が変われば生活も変わる!侵害しない二世帯住宅のエチケット。

    世代が変われば生活も変わる!侵害しない二世帯住宅のエチケット。

  5. 二世帯住宅だからこその疑問。これでスッキリ解決!

    二世帯住宅だからこその疑問。これでスッキリ解決!

  6. 避けては通れない!二世帯住宅だからこそ起こる問題。

    避けては通れない!二世帯住宅だからこそ起こる問題。

ピックアップ記事

  1. 他人事ではない体の不調。様々な症状を引き起こすシックハウス症候群
     ◎シックハウスとは近年被害が増加傾向にある、化学物質過敏症・アレルギー・アトピーなど様々な体の…
  2. 知らないと怖い住宅被害。必ず家づくりに取り入れたいものとは?
     ◎耐震住宅耐震とは耐震とは建物そのものの地震の揺れに対しての耐久性です。 そのほか、免…
  3. これを押さえておかないと後々困る。家事や育児が時短になる導線とは?
    ◎家事の導線家事の導線から内装を考える家事導線というのは、家事する場合の利便性を考えるこ…
  4. 地震対策は足元から!気になる地盤調査の費用とは?
    ◎土地の購入土地の購入のポイント個人で購入個人で購入するにはかなり専門的な知識を必要とす…
  5. いくらまで借りれるの?住宅ローンと初めの諸費用!?
    ◎住宅ローンの借入金額ポイント総借入金額 年収の4倍以下まで頭金  物件…
ページ上部へ戻る