閉じる
閉じる
閉じる
  1. 他人事ではない体の不調。様々な症状を引き起こすシックハウス症候群。
  2. 知らないと怖い住宅被害。必ず家づくりに取り入れたいものとは?
  3. これを押さえておかないと後々困る。家事や育児が時短になる導線とは?
  4. 地震対策は足元から!気になる地盤調査の費用とは?
  5. いくらまで借りれるの?住宅ローンと初めの諸費用!?
  6. みんな知りたい住宅の価格。いったいどうやって決まるの?
  7. どの家が最強!?最初に悩む住宅の基礎と建物工法の種類。
  8. 今どきの健康住宅の考え方。お子さんやお年寄りが安心できる家とは?
  9. 意外と知らない!?基本的な住宅購入までの流れ。
  10. こんなものにも種類がある!?外壁や屋根の種類と特徴とは?
閉じる

家づくり達人講座‎

いくら家族だってここだけは!二世帯住宅の家族の問題点とは?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
いくら家族だってここだけは!二世帯住宅の家族の問題点とは?
 

◎二世帯住宅、姑との関係について

長男の嫁の方だと、旦那の親世帯と二世帯住宅で同居しなくてはいけないなんてこともあるかもしれませんね。
二世帯住宅というのは経済的な面や将来的な介護の面などを考えるとメリットを考えれば良いものではありますが、
嫁の立場としてはあまり歓迎できるものではありませんよね。
特に多くの方が気になるのは姑との関係ではないでしょうか。
姑ともとても仲が良くて本当の親子のような関係であるということであればあまり問題もないかもしれませんが、
あまり関係が良くないということであれば二世帯住宅は躊躇してしまいますよね。
しかし長男の嫁ということだとある程度仕方ないと考えている方もいるでしょう。
姑との関係が悪いという場合、旦那がいればまだ良いかもしれませんが、
最悪のケースとして旦那が早死してしまったという場合は非常に大変なことになります。
他人とも言える親世帯と同居をしていかなければいけないということになりますし、もし子どもがいるということになるとそう簡単に引っ越すということもできなくなります。
もちろんそんな最悪のケースを考えたら何もできないということにはなりますが、
姑との関係がよろしくないという方はあまり二世帯住宅での生活はオススメできませんね。

 

◎二世帯住宅の問題点について

二世帯住宅は経済的な面であったり介護の面であったりとプラスの面が非常に多い生活形態です。
しかしその反面でいろんな問題点を抱えていますので、それを知らずに気軽に建ててしまうと後で後悔することになりかねません。
いろんな問題点がありますが、例えばその一つとしてお互いの干渉という問題があります。
やはり家族とは言っても親の世帯と子の世帯、とくに姑と嫁なんかはなかなか仲良くトラブルなしに暮らすのは難しいものです。
そういうわけで完全分離タイプの二世帯住宅を建てるケースも多いですが、そうなるとかかる費用が高くなります。
また、もし親世帯が早くに亡くなってしまったという場合には完全分離タイプの住宅は無駄になってしまい、
ただの暮らしにくい家になってしまう可能性があります。
またそこからリフォームするということになればさらにお金もかかってしまいます。
こういった二世帯住宅の問題点を事前に把握しておき、生活をする人間全員でしっかりと話あっておくことが重要です。
しかし、話し合っても実際に生活を始めてから気づくようなこともたくさんありますし、
予期せぬ出来事が起こるということも少なくありません。
メリットがたくさんあるからと言って気軽に建てて後悔している方も非常に多いのです。

 

◎二世帯住宅についての不満

二世帯住宅での生活をしようと考えている方は、その多くがメリットの部分しか見えていないのではないでしょうか。
確かに将来の介護のことや子どもの面倒のこと、経済的なことなどを考えれば二世帯住宅というのは非常にメリットの多い生活形態だといえます。
しかし、その反面で二世帯住宅での生活が破綻してしまった、失敗だったという方も非常に多いのです。
というのもやはり二つの世帯が同居して暮らすという中でお互いにいろんな不満を感じてしまうからです。
特に親世帯と嫁というのは育った環境が違うので生活習慣なんかも大きく異る場合があります。
それまでだったら当たり前だったことが二世帯での生活で大きく違ってしまい、それを一方から強制されるような生活になると不満が溜まってきます。
そういったことが原因で親子で揉めてしまったり、あるいは言い出せずにストレスとして溜め込んでしまうことが二世帯住宅の破綻につながっていきます。
そういったことにならないために、まずは生活を始める前に実態をよく知ること、そして知った上でよく話合うこと。
さらに、実際に生活を始めてからも遠慮せずにお互いの不満をきちんと言いあい、解決できるように話合える環境を作っておくことが大切ですね。

 

◎親の死後、二世帯住宅はどうなる

最近は親と子の二世帯住宅での生活を始める方が増えているようです。
しかし二世帯住宅というのは当然のことながら二つの世帯が暮らすために建てられた部屋ということになるわけで、それが一世帯になってしまった場合には住みにくい可能性があります。
要は親の死後に二世帯住宅はどうするのか、ということです。
親の死後は子の世帯だけになってしまうわけですから、親世帯が使用していた部屋などは空くことになります。
これは二世帯住宅に限ったことではない話ではあるのですが、特に完全分離タイプの二世帯住宅にしていると面倒です。
完全分離タイプの場合というのは例えば二階建ての住宅の1階と2階を完全に仕切ってしまい、
玄関も別、風呂やキッチンも別という住宅のことをいいます。
そうなると親の死後に残された子世帯でその家を使うということになっても、
一階と二階を行き来するのが面倒だったり、無駄にキッチンや風呂が二つづつあるなんていう状態になってしまいます。
長年暮らしたということであれば、さらに子どもの世帯が結婚などした時にまた二世帯で暮らすという方法もありますが、
早くに親世帯が亡くなってしまった場合無駄になってしまいますね。
お金があるなら建て替えるという方法もあるでしょうがなかなか大変です。
完全分離タイプは親の死後のこういったデメリットについても考えておくべきでしょうね。

関連記事

  1. あなたの家族はどのタイプ?二世帯住宅の基本3パターン。

    あなたの家族はどのタイプ?二世帯住宅の基本3パターン。

  2. 誰と誰が住むかで変わる?良好な二世帯住宅の考え方とは?

    誰と誰が住むかで変わる?良好な二世帯住宅の考え方とは?

  3. こんなにメリットがあるの!?お得な二世帯住宅のススメ。

    こんなにメリットがあるの!?お得な二世帯住宅のススメ。

  4. 玄関はどれだけ必要ですか?家族で変わる二世帯住宅。

    玄関はどれだけ必要ですか?家族で変わる二世帯住宅。

  5. 中庭のある二世帯住宅

    中庭で生活スタイルを仕切る!?二世帯住宅ならではの間取り。

  6. 家族が多いから慎重に選びたい!誰もが納得の工事の依頼先。

    家族が多いから慎重に選びたい!誰もが納得の工事の依頼先。

ピックアップ記事

  1. 他人事ではない体の不調。様々な症状を引き起こすシックハウス症候群
     ◎シックハウスとは近年被害が増加傾向にある、化学物質過敏症・アレルギー・アトピーなど様々な体の…
  2. 知らないと怖い住宅被害。必ず家づくりに取り入れたいものとは?
     ◎耐震住宅耐震とは耐震とは建物そのものの地震の揺れに対しての耐久性です。 そのほか、免…
  3. これを押さえておかないと後々困る。家事や育児が時短になる導線とは?
    ◎家事の導線家事の導線から内装を考える家事導線というのは、家事する場合の利便性を考えるこ…
  4. 地震対策は足元から!気になる地盤調査の費用とは?
    ◎土地の購入土地の購入のポイント個人で購入個人で購入するにはかなり専門的な知識を必要とす…
  5. いくらまで借りれるの?住宅ローンと初めの諸費用!?
    ◎住宅ローンの借入金額ポイント総借入金額 年収の4倍以下まで頭金  物件…
ページ上部へ戻る